関連事業

葬儀の種類

ご挨拶

NPO法人マイエリア理事長  

有賀 知道  

「地域再生」や「地域の活性化」という言葉を耳にするようになってどれくらいがたったでしょう? 具体的な地域を再生する方法、地域を活性化する方法というのは、今どこで議論されていて、どのような機関が実行してくれるのでしょう?

 税制の話しをされても、われわれ一般市民のような門外漢にはよくわかりません。地方への権限の譲渡という話も、現在自分達の地域の県や市町村にどれくらいの権限があって、譲渡すると、どれくらいの事ができるようになって、それぞれの地域がどのような形に生まれ変わるのか? はっきりと明確なイメージを持っている人はあまりいないかもしれません。

 われわれも「地域の活性化」を目指しています。ただ、われわれの目指す「地域の再生」「地域の活性化」は政治や経済の分野をにぎわすような難しい話ではありません。一言で説明可能なものです。それは「つながりの強化」。この一言に尽きるといっても過言ではありません。

 地域に根付いて事業を展開する業者と住民をつなげる、住民と住民をつなげる、知恵を持っている人とそれを欲している人をつなげるなど・・・。そういう地域内のコミュニティーの在り方が、「地域の活性化」であり、それこそ「再生」すべき課題であるように思います。

 遠くない時代の日本においては、地域内での横のつながり、縦のつながり、というものがあったのではないでしょうか。

 核家族化やひきこもり、無縁社会などの看過できない社会現象の多くは、地域内での「つながり」が希薄になった結果と考えてみると、なんらかの糸口が見えてくるのではないでしょうか。

 そんな問題意識を持つわれわれマイエリアは、地域の活性化された状況とは、「つながり」が蜜な状態である事、と仮説をたてました。そして、この問題に対しインターネットを用いて、地域の中心的存在となる”メディア”を構築したいと思っています。目指すは、地域内における各主体間の「つながりの強化」です。

 ただ、仮説を立てただけでは意味がありません。仮説は、実行し、検証していく必要があるでしょうし、必要ならば何度でも仮設を立てて、実行・検証を繰り返すべきだと考えます。

 霞が関や永田町のような、国の中枢からの号令で社会を変えていくのではなく、地域と言うミクロな単位から大きなうねりを起こしていきたい。その担い手は私たち、一”地域人”だと思っています。